no title

あれからいろんな事と向き合い、見つめ直してきましたが、

このバンドを続けるという事が俺が一番求めてることでした。

たくさん悩んで、考えて、話し合って出した答えです。

たくさん話してこの4人でならっていう思いも強くなってる。

ひとつひとつ楽しみながら実現していけたらと思います。

今年もイチニーの日、何かしたいなー。